福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開!

TOP >  ★スマホを街の修理店に依頼する際は登録修理業者制度をチェック!★

★スマホを街の修理店に依頼する際は登録修理業者制度をチェック!★

2017.7.20

スマホを非正規店舗で修理

1年で3割のスマホユーザーは何らかの端末トラブルに見舞われています。キャリア系のケータイ補償サービスに加入している人は店舗や電話で修理の依頼を行い、格安価格で直してもらうことが可能です。いっぽう、ケータイ補償サービスに加入していない又は民間のケータイ補償サービスに加入しているスマホユーザーは、街の修理店舗に持ち込むのが一般的だと思います。いわゆる非正規店での修理となります。携帯電話ショップに持ち込むよりも修理金額が安く、しかもその場で修理してもらうことも可能なスピーディーな対応に利用者は右肩上がりで増加しています。ただし、注意したいのは非正規店舗による修理のため、メーカー保証の対象外になる可能性が大きくなります。メーカー保証とは各スマホメーカーが端末の品質を保証する規定のことです。自然故障などでスマホが使えなくなった場合、保証期間内であれば無償で修理や交換を行ってくれます。ただし、メーカー保証が認めらえるケースは初期不良や自然故障の場合に限定されているので画面割れなどは対象外となっています。非正規店舗は何が問題かというと、メーカーの修理マニュアルが入手できません。したがって、修理の質は店舗によってバラつきがあるということです。修理に利用する部品も非純正の場合が多いです。なので、修理実績とノウハウが豊富な店舗に依頼することをおすすめします。見分け方のポイントとしては、まず「登録修理業者制度」の届出を行っているかを確認しましょう。登録修理業者制度とは、2015年4月から国が設けた非正規店舗を対象とした届出制度で、認可を受けるとスマホ修理で国からお墨付きをもらったことになります。品質にバラつきがあるうえ、店舗も大中小様々な規模で展開されているので修理を依頼する際は登録修理業者制度のショップを選ぶと安心です。民間のケータイ補償サービスに加入している人は特に注意して選んでおくことをおすすめします。

★ケータイ補償ってどこまで保証してくれるの?★

2017.6.30

ケータイ補償の保証範囲

スマホが高額化している今、損傷に伴う修理代でも1万円以上かかることが珍しくありません。そこで携帯電話各社や民間企業からは割安価格で修理できるケータイ補償サービスを提供しています。このケータイ補償サービスはどこまで保証してもらえるかは、各サービスによって異なってきます。自分では補償してもらえるのに対象外で多額の費用が発生してしまったという事態にならないよう、加入前にケータイ補償の保証範囲はしっかりと確認しておきましょう。ただし、一部損、全損、水濡れなど、一般的なトラブルについてはどのケータイ補償サービスでも補償の対象となります。異なるのは金額と利用回数です。自己負担の額はケータイ補償によって異なるのはもちろんですが、利用できる回数にも違いがあります。例えば、docomoでは1年に2回まで利用できますが、softbankは最後に利用して半年が経過すれば再度利用可能となっています。民間のケータイ補償に至っては、限度額10万円までなら何回でも利用できるなど違いがあるので注意して見てみると良いでしょう。1年間でスマホのトラブルに遭う人は3割と多いですが、年内に複数回もトラブルに遭うのは稀です。したがって、年間1回または2回利用できれば十分でしょう。次に個別に補償を対象にしているので便利なものと言えば、盗難・紛失補償があります。docomoのケータイ補償サービスやモバイル保険が取り入れています。スマホが高額でiPhoneなんかは人気が高く盗難・紛失のリスクも否定できません。しっかり補償を付けたい人は盗難・紛失補償も付いたケータイ補償に加入すると良いでしょう。また、softbankのケータイ補償では、バッテリー交換を格安価格で利用できる特典が付いてきます。これは、ケータイ補償サービスでは珍しいサービスですが、長くスマホを利用する人にとっては非常に魅力的ですよね。2年間も利用すればバッテリーも劣化してしまい、すぐに電池が無くなってしまうという人も多いのではないのでしょうか。2年以上スマホを利用しようと思っている人はぜひ加入しておきたいですね。このようにケータイ補償サービスといっても各社によってサービスが異なってくるので自分に合っているか注意しながら活用しましょう。

★ケータイ補償で人気のモバイル補償を大解剖!★

2017.6.19

モバイル補償

ケータイ補償は、高額するスマホ端末のトラブル増加と、利便性の悪い携帯電話会社の保証サービスに対応するため民間のサービスも充実し始めています。保険会社や通信会社、家電量販店など様々な企業から提供されていますが、なかでも人気の高いケータイ補償サービスがモバイル補償というサービスです。モバイル補償は、株式会社エム・アール・ジーから提供されているケータイ補償サービスで、スマホユーザーのニーズにより細かく対応できるよう3つのコース「シンプルコース」「スタンダードコース」「プレミアムコース」を用意しています。シンプルコースは、月額400円と業界最安水準で利用可能なケータイ補償サービスです。毎月の支出を抑えたい人や、中古端末を利用している人などに最適なサービスです。対照的にプレミアムコースは、月額800円で利用できる保証内容が最も手厚いコースとなります。年間補償も唯一無制限で利用できるため、相次いで端末がトラブルに見舞われた際も安心です。また、全損の場合は最大50,000まで補償してくれるので、最新のスマホ端末を使っている場合も安心して修理に出すことができます。そして、シンプルコースとプレミアムコースの間に位置づけされているのがスタンダードコースです。月額料金は抑えたいけど、ある程度しっかりした補償が欲しいという人に最適です。モバイル補償のライバルとしてモバイル保険がありますが、こちらは1契約で最大3端末まで補償してもれるの手がモバイル補償にはないサービスとして人気です。スマホ2台持ちの人には最適ですが、1端末のみを補償にかけておきたいという人には、モバイル補償のほうがおすすめです。あと、モバイル保険なら盗難補償がついてくるのが特徴です。ただし、海外とはちがって日本ではあまり盗難被害はないので、そこは必要性をしっかりと確認したほうが良いでしょう。

★キャリア系のケータイ補償に加入する際の注意点★

2017.6.05

ケータイ補償

スマホは機能が充実して便利になる一方で端末価格も高額化しています。しかも、精密機械のためちょっとした衝撃でも故障につながるリスクがガラケーよりも高いのがデメリットとなっています。そんな時にケータイ補償に加入しておけば、所有する端末がトラブルにあった場合に格安価格で修理や代替機と交換してもらえて安心です。ほとんどの人が端末購入と一緒にショップでケータイ補償に加入しているのではないかと思います。そこで今回は、キャリア系のケータイ補償に加入する際の注意点を解説していきたいと思います。まず、ケータイ補償は独自のサービス保証のため、契約している携帯電話会社によって補償内容は異なってきます。盗難紛失の補償が付いていたり、バッテリー交換サービスが付いていたりと内容や負担金額は多種多様です。乗り換えも視野に検討している人は、ケータイ補償の内容も参考にしてみると良いでしょう。また、ケータイ補償は加入時期の制限が設けられているので注意が必要です。auやソフトバンクは、端末購入と同じタイミングで加入しないと契約できないこととなっています。ドコモでも14日以内と短めなので、迷うくらいなら最初は加入しておくことをおすすめします。月額は700円程度で安くはありませんが、最初の1ヶ月は無料の場合が多いのでその期間で継続の可否を判断すると良いでしょう。ただし、ここでもう一つの注意点があります。キャリア系のケータイ補償は一度サービスを解約すると再加入ができないことです。後から必要性が高まり加入したくなっても不可能なので、そこは慎重に検討しましょう。それでも最近は民間のケータイ補償が充実してきているので、そちらを選んでも問題ありません。むしろ、1契約複数端末保証が付いていたりと充実しているケースもあります。スマホは毎日持ち歩くものなので、しっかりと補償でリスクヘッジを行っておきましょう。

★ケータイ補償サービスでどこが良いの?っていうか必要性があるの?★

2017.5.17

スマホ

最近はスマホが高性能化し、パソコンと遜色のない使い勝手を手のひらサイズで実現しているため、50,000円以上が普通になってきています。しかも、スマホを購入する場合は一括ではなく2年間の割賦によって購入するのが主流のため、途中で故障してした場合は端末代金の返済に加えて高額な修理代が発生してしまいます。ガラケーと違ってスマホは画面が剥き出しなうえ、巨大化しているため落下させてしまうトラブルは意外と多いです。さらに、高性能である故にトラブルにも発展しがち。実際、スマホユーザーの3割が1年で何かしらのトラブルに見舞われているというデータがあるほどです。故障の深刻さにもりますが、単なる画面割れでも10,000円以上の修理費用が発生してしまいます。そこで各社で提供されているのがケータイ補償サービスです。毎月500円から700円を負担することで保険のようにスマホが故障した場合に安く修理できる仕組みです。多くの方は端末購入時に一緒に加入していると思います。全損で使いものにならなくなった場合でも10,000円程度で交換機が受け取られるので安心です。ちなみに交換機とは、故障や下取り等で引き取った端末を新品同様にリフレッシュした機種のことで完全なる新品ではありません。それでも傷や汚れなどもキレイに元通りにされているため中古で購入するよりも断然キレイな状態です。したがって、ケータイ補償サービスに加入しておくことは決して損ではなくリスクヘッジとして有用です。ただし、月額500円以上、iPhone7に至っては750円の支出を伴うので中には勿体ないと感じている人もいることでしょう。確かに故障することなく機種変更まで到達できればケータイ補償サービスにかけたお金はムダとなってしまいます。変な話ですが、ケータイ補償サービスは壊れた時に初めてメリットが生じるサービスだからです。先のことは誰にも予測がつきません。この先壊れるかもしれないし、壊れないかもしれません。先ほど述べた通りリスクヘッジとして加入するか判断するしかないのです。おすすめとしては、1年半ほどのサイクルで機種変更を行う人は短期間で端末を手放すためケータイ補償サービスを加入しないでも良いかもしれません。逆に長期間の使用を考えているのであれば、長く使っていれば様々なリスクに合う確率も高まるので加入すると良いでしょう。さらに、最低限の補償で良いと思うならキャリア系より安くて保証をかけられるモバイル補償なんかが最適です。特にキャリア系の場合は一度解約すると再加入できないので、後からケータイ補償サービスの必要性を感じた人にもおすすめです。月額400円から加入できるプランもあるので、必要性を感じない人はモバイル補償でとりあえずリスクヘッジを行っておいてはいかがでしょうか。スマホは毎日携帯して利用するため、トラブルとは隣り合わせと思っておいて損はありません。日頃からケータイ補償サービスで備えておくことが重要です。

ケータイ補償サービスまとめ

サービス名 月額費用 保証期間
docomo 750円 永年
softbank 750円 永年
au 752円 2年間
applecare 14800円(一括) 2年間
モバイル補償 400円~800円 永年
モバイル保険 700円 永年

※iPhone7の場合

★落下や水濡れでも安心のケータイ補償サービスに加入しよう!★

2016.12.09

ケータイ補償サービス

携帯電話は生活必需品という位置付けで、なくてはならない存在と言えます。インターネットやSNSの進化に伴い、通常の携帯電話のみならずスマートフォンの需要も年々増加しています。特にスマートフォンは、タッチ画面がすべてガラスで作られているため、落下すると画面にひび割れが生じてしまうリスクが高いです。画面を割ってしまうと、高額な修理代金が請求されてしまうため人によっては割れた状態のまま使用する方もいらっしゃいます。しかし、割れた状態だと精密機械であるスマートフォンでは水分やホコリの侵入によって完全に使用不可となってしまう恐れもあります。そうならないように、保険であるケータイ補償サービスにあらかじめ加入しておくことがオススメです。ケータイ補償サービスは、通信会社各社が提供しているほか、保険会社も各社が提供しています。ケータイ補償サービスに加入していれば、落下によるガラス割れや水没で修理・交換が必要となった場合でも補償を受けることができるので低額により修理してもらえます。保険会社によって補償内容や補償範囲が異なるため、自分に合ったケータイ補償サービスを選んでいきましょう。ケータイ補償サービスの多くが月額500円から700円の範囲で加入できるため手軽に加入することができます。各社のケータイ補償サービスを比較している「ケータイ補償サービス徹底比較」でサービス内容を確認していくと良いでしょう。自分に合った最適なケータイ補償サービスを探し出すことが出来ます。

福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開! All Rights Reserved.