福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開!

( 更新日:2018/02/19)

★医院開業支援コンサルティングが利用される理由★

2017.12.18

医院開業支援コンサルティング

最近ではインターネットでは開業支援、開業コンサルなどの数多くのコンサルタントや開業支援業者が出てきます。開業支援コンサルティングには薬卸業者、税理士会計事務所系、医療機器系、ディベロッパー系、独立コンサル系などありとあらゆるタイプの開業コンサルがあり、そのサービス内容は様々です。これだけ多種多様な開業支援コンサルティングが存在しているとどこに依頼すればいいのか悩みますよね。お医者さんも医院を開業するときにも開業支援コンサルティングを利用して開業する方が増えてきているようですが、開業支援コンサルティングを利用するのはなぜなのでしょうか。それは、医療以外の知識と経験しかない人が多く、さらに近年は競争激化による病院経営のリスクがあげられます。いっぽう、医院開業を選択することを決断した理由として多い意見は、勤務医よりの年収アップが見込める、自分の理想の医療を実践できる、ライフスタイルに合わせた診療ができるなどの意見が多いようです。しかし開業するといことは当然リスクは存在します。まず、医療行為とはまったく違う経営の分野の知識も必要になるという事です。さらに、安定した収入が見込めない可能性がある、開業するにあたり多大な資金が必要、開業後、実際に患者さんが来院するのかなど様々なリスクが付いてきます。開業するということは地域医療に貢献しつつも、利益を計上しないことには事業として成立しません。また、地域のニーズに合う医療を提供しないと患者は集まってこないのです。このように開業するということはリスクを抱えることになるので、より成功する可能性を高まるためにも開業するときに開業支援コンサルティングを利用する医師が多いようです。開業支援コンサルティングを利用することで、自身の理想をより現実化できるようなアドバイスがもらえるだけでなく、利益ある医院経営を行えるようにサポートしてもらえます。具体的なサポートとしては、新規開業する際に必要な不動産物件情報や資金、設備などをトータルで提供してもらえます。更に、開業後の収益が安定するために収益安定の実行を含めてお手伝いしてもらえるようです。先生がご自身の理想の医療に専念できるよう、経営面を中心にトータル的にサポートしてもらえるので、医師は医療行為に専念できるのです。開業までの道のりは簡単なものではありませんし、そしてその道のりは必ずしも順風とはいえないのです。開業までのサポート、経営システムの構築、安定した経営を実現するまで一環したバックアップを受けれるところが開業支援コンサルティングを利用する理由といえるでしょう。

★現役医師の方は必見!医院開業の平均年齢は?理想の医療をスタート!★

2016.12.02

メディカルイノベーション

大学医学部を卒業して医師国家試験に合格しても、その後は研修医として下積み生活を送らなければなりません。医師として大きく羽ばたくためには、自分がオーナーとなり医院開業して理想の医療を実らせ高収入を得ることにあります。それでは、医院開業に適した年齢はいくつになるのでしょうか。あまり若くして開業するには資金調達や経験面から不安が残ることでしょう。高齢になるとオーナーとしてエネルギーが必要とされる医院開業を成功させることは困難を伴います。医師会による公表の数字としては、新規開業の場合の平均年齢として41.3歳というデータがあります。40代になり医師としてさまざまな経験を得た上で脂が乗った時期に医院開業の決断を下す方が多いです。年々、新規に医院開業する方の年齢は上昇傾向にありますが、これは今お勤めの病院でノウハウをしっかりと吸収した上で独立する方が増えているためです。医院開業は、医師としての医療知識・技術面もさることながら、オーナー経営者として資金調達・人材登用・立地選定・マーケティングなどさまざまな分野での経験や能力が求められるため、若い方には難しいとされています。しかし、医院開業のコンサルティングを手がけているメディカルイノベーションでは、開業した際の年齢が38.4歳と平均を下回っており、若くても独立が可能なノウハウをトータルでコンサルティングしています。メディカルイノベーションではドクターが目指す医院のあり方をヒアリングした上で開業をサポートしています。

医院開業 年齢はコチラ

福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 福岡のホテルで働く派遣社員が地元の魅力を一挙公開! All Rights Reserved.